エコカー〜地球に優しく〜

エコカー〜地球に優しく〜


自動車と環境問題
エコカー減税?
エコカーの種類
新車購入時の費用
車の維持費用
エコカー〜地球に優しく〜

エコカーの種類

地球の環境対策や、高騰するガソリン対策のため、様々なエコカーが開発されています。

本ページでは、どのようなエコカーがあるのか見ていきたいと思います。

電気自動車

電気自動車はその名の通り電気をエネルギー源として走る自動車です。

電気自動車の利点は、走行中に、排気ガスやCO2を排出しないことにあります。

そのため、環境にやさしい自動車と言えます。
また、電気代が、ガソリン代より安いため、費用を抑えられるところがメリットでしょう。

ガソリンで動く自動車に比べ、騒音が小さく、静かに走行することができます。

ただし、歩行者には、気づかれにくいため、事故につながることもあるようです。

電気自動車は、家庭で充電することが可能ですが、充電にかなり時間がかかるそうです。

加えて、ガソリンスタンドのように、充電できる設備が、まだ十分に整ってはいません。

また、1回の充電で走れる距離が短いということもあり、実用化するには、まだまだ足りないところもあるようです。

残念ながら自動車自体の価格も高いため、それほど普及はしていないようです。

燃料電池自動車

燃料電池自動車は、水素と酸素を化学反応させて、電気を作り出し、その作り出した電気でモーターを回して走る車だそうです。

走行中は、空気中にある酸素を活用し、水素を加えることで電力を発生させて走ります。

二酸化炭素などの排出ガスは排出せず、水のみを排出するので環境にやさしい自動車と言えます。

電気自動車は、充電時間が長いことが短所でしたが、こちらの燃料電池自動車は、水素の充填にかかる時間が短時間で済み、さらに1回の充填でガソリンと同様の距離が走れるそうです。こちらの自動車も騒音が小さいそうです。

ガソリンスタンドのように、充填できる設備が、十分に整うことが普及のカギとなると思います。

ハイブリットカー

ハイブリットとは、異なるものを混ぜ合わせるという意味です。

ハイブリットカーは、ガソリンで動くエンジンと、電気で動くモーターを動力源としている自動車のことを言います。

電気を動力としている間は、排気ガス等を排出しないため、ガソリン車よりも環境に優しい車と言えます。

ハイブリットカーも車自体の価格が高いようです。
ガソリン車に比べ、電気を使用する分、走行に必要なガソリンの量が減らせるので、燃料費を抑えることができます。

プラグインハイブリットカーといって、家庭の電源等から充電することができるハイブリットカーもあります。

天然ガス自動車

天然ガス自動車は、天然ガスをエネルギー源として走る車だそうです。公共車や輸送車として活用している場合が多いようです。

ガソリン車に比べて、黒煙や硫黄酸化物などの有害物質やCO2の排出量も少ないため、ガソリン車よりも環境に配慮した自動車と言えます。


環境自動車は高いので今持っている車は少しでも高く売る

地球温暖化等が進む今日、環境に配慮した車の普及は大事だと思います。

環境に配慮したエコカーは、燃料費でも抑えることができるものが多いため、購入したいと考える人も多いと思います。

しかし、良い車でも、値段が高ければ、なかなか購入するには手が届きません。
エコカーの購入を考えている人は、エコカー減税を利用することを考えたり、乗り換えの場合は、旧車両をなるべく高く売って、次の購入資金にしたり、少しでも安く購入できる方法を考えることをお勧めします。

出典元サイト:車を高く売る方法


また、今使っている車を売る場合は、売る場所により値段が変わってきます。

車を高く買い取ってもらう方法は、ネットで効率よく探すことができます。たとえば、このようなサイトです。

生活が便利になることは良いことですが、そのために地球の環境が悪化すれば、結局私たちの生活は脅かされてしまします。

環境を守ると同時に、便利な生活も維持できるように、環境に配慮した車や商品が開発され普及すると良いですね。








© 2010〜 エコカー〜地球に優しく〜