エコカー〜地球に優しく〜

エコカー〜地球に優しく〜


自動車と環境問題
エコカー減税?
エコカーの種類
新車購入時の費用
車の維持費用
エコカー〜地球に優しく〜

エコカー減税について

地球の環境問題の対策の為、国は、環境に配慮した対象となるエコカーを購入する場合、税金を優遇してくれる措置を設けました。

エコカー減税の内容を見ていきます。
エコカー減税とは、環境に配慮した自動車を購入する場合、税金を軽減しますよという制度です。

すべての自動車が対象になるわけではありません。
環境に配慮した自動車であることが条件です。

また、軽減される幅も、その車に応じて違います。

(自分が欲しい車が対象なのか、どれくらい減税されるのか詳しく知りたい場合は、メーカーのホームページやパンフレット、問い合わせるなどして確認して購入してください。とても詳しく説明されてあります。)

では、どういった税金が軽減されるのでしょうか。
車を購入するときには、自動車取得税と自動車重量税がかかります。

自動車取得税は都道府県税です。
自動車を取得した時にかかります。

一方、自動車重量税は、国税であり、自動車の区分や重量に応じて課税される税金で、自動車購入時の車検の時にかかります。

エコカー減税は、適用期間があります。
自動車取得税は、平成27年4月1日〜平成29年3月31日、自動車重量税は、平成27年4月1日〜平成29年4月30日です。

この期間に新車を取得する場合が対象になっています。

車に関する税金の優遇制度は、エコカー減税だけではありません。
グリーン化税制も、環境配慮の促進として設けられた措置です。
自動車を維持するのには、税金がかかります。
自動車税や軽自動車税です。
その税金を、軽減したり、高くしたりする措置です。

軽課や重課の率は車によって違います。

環境に配慮した自動車の場合は税金を軽くする一方、新車新規登録から一定年数を経過した自動車には、税金を重くしますよという制度です。

一定年数とは、ガソリン車で13年、ディーゼル車で11年を経過したものです。

古い車に乗っている人にとっては、残念な制度だと思いますが、これから新しく車を購入される方にとってはうれしい政策です。








© 2010〜 エコカー〜地球に優しく〜